彼女がいないのでセフレと一緒に夏祭りへ行きました

彼女がいないのでセフレと一緒に夏祭りへ行きました

夏のイベントと言えばやはり夏祭りであり、恋愛系の漫画ではほぼ確実に描写されていますよね?夏祭りでは屋台や花火などの見所がたくさんありますが、やっぱり男にとっては『浴衣を着た女の子』が1番気になるでしょう。

昔の日本では普段着とも言える浴衣ですが、洋服が広まった現代では夏祭りくらいでしか見る機会がないため、浴衣姿というのはとても貴重に感じます。そして貴重なものに興奮するというのは、男の本能として自然です。

もちろんデートのあとは浴衣を着た女の子とセックス…というのが黄金パターンであり、そういう経験ができた男性は幸せ者でしょう。デートの際に浴衣を着るというのは若い女性が行う行動ですから、年齢を重ねたカップルだとそういう経験はしにくいです。

そして私も彼女がいないため、夏祭りが開催されても寂しい思いをしていました。近隣エリアではそこそこ大きなお祭りが開催されているのですが、彼女もいないのに男1人で行くというのはあまりにも悲しすぎるので、これまではスルーしていたのですが…。

今年も彼女こそいませんが出会い系で見つけたセフレがいたので、一か八か誘ってみたのです。いくらセックスをすると言っても恋人同士ではありませんから、夏祭りには付き合ってくれないと思ったのですが…喜んでOKしてくれました。

セフレとはそれなりに長く付き合っており、かなりの回数のセックスを重ねていました。というのも、住んでいる場所が近くて会いやすいおかげであり、やはりセックスの相手を探すなら住んでいる場所というのは重要でしたね。

何度も会っているとやはり仲良くなるものでして、ちょっとしたことでも気軽に話すようになりました。それで「今後夏祭りがあるんだけど、一緒に行ってみる?」と軽い気持ちで誘ってみたら、「いいの?楽しそうだし行こうか」と返事をしたのです。

思えば女性と行く夏祭りとしては初めてであり、まるでデートに行くような気分になりました。相手はセフレなのでデートとは少し違うかもしれませんが、男女で歩くわけですから、周囲からすれば恋人同士に見えるでしょう。

しかも相手は浴衣を着てくれまして、それを見た私はさらにテンションが上がりました。一緒にお祭りへ行ってくれるだけでも十分でしたが、まさか浴衣姿を見せてくれるなんて思わず、ますます気に入ってしまいそうです。

夏祭りを満喫したら解散…なんてことはなく、雰囲気も良くなったのでセックスしました。浴衣の子を脱がすというのは、とても色っぽくて興奮します。

彼女がいないのでセフレと一緒に夏祭りへ行きました へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ