メンヘラではなくヤンデレ彼氏

メンヘラではなくヤンデレ彼氏

メンヘラとヤンデレって何が違うの?
そう思う人もいるでしょう。
どちらも精神的に病んでいるという傾向は同じですが、対象が違います。

例えばメンヘラの場合は、自分が中心です。
誰でもいいから自分の事を愛して欲しい、自分に注目して欲しいと考えています。

対してヤンデレは彼氏彼女から愛されたいという気持ちが非常に強く、相手の事を好きすぎて病んだ状態になってしまっています。
そのため非常に束縛や独占欲が強く「自分以外の人と話さないで」などと言ってきます。
独占欲に関しては独占したいし相手からも独占されたいと考え、浮気などはしない相手の存在至上主義です。

極論を言えば、彼氏彼女が自分の事を愛してくれないのであればもう自分は生きている価値がない。
そんなふうに考えてしまう人がヤンデレです。

でもこんなふうに考える人もいませんか?
それだけ自分の事を愛してくれるのであれば、付き合ったら幸せになれそうと。
ですがヤンデレは病んでいるわけですから、その思考回路は普通の人とは異なります。

普通の人であれば、好きな相手の事は困らせたくない大事にしたいと思いますよね。
そして好きな相手が幸せになるためなら、自分は身を引くなんて事もするでしょう。
ヤンデレの場合は違います。
別れを切り出したらストーカー行為に走ったり、喧嘩をするとキレで暴力をふるうなどDV化するかもしれません。
ストーカーもDVも恐ろしいのは、相手の事を嫌いで困らせてやれという考えではなく相手の事を凄く好きでやっている行為だという事です

そんな行動は自分本位で相手の事なんて全然考えていないと思う人も多いでしょう。
確かに好きだから何をしても許されるという訳ではありません。
ですがヤンデレの場合は、正確には自分本位とも言えないわけです。

なぜかというと自分にとっても負担がかかる行為を平気でするからです。
相手にフラれてしまったら、もう自分には生きている価値がないと自傷行為に走るケースも少なくありません。
つまりはヤンデレの世界には、好きな相手と自分の2人しか存在しないわけです。

Aちゃんにフラれてしまったけれど、Bちゃんの事が最近気になって付き合いはじめた。
そんなふうに別れた時は誰でも悲しくても時間の経過とともに過去になり、新しい相手を見つけるという事が出来ないのです。

メンヘラと違ってヤンデレだから付き合っても大丈夫という訳ではありません。
それぞれ異なる点がいろいろあっても、共通点はそんな面倒な相手と付き合っても幸せになれずにトラブルに巻き込まれるだけなので最初から近づかない事が賢明だと言えます。

メンヘラではなくヤンデレ彼氏 へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ