不倫パートナーのフェラは妻のがお遊びだと感じるほどの気持ちよさです

不倫パートナーのフェラは妻のがお遊びだと感じるほどの気持ちよさです

『朝立ちをフェラで抜いてもらう』というのは、男のロマンですよね?夜にセックスしたら翌朝は大人しくなる…なんてことはなく、むしろ朝が1番性欲が強くなる時間帯であり、このときに抜くのが最高に気持ちいいのです。

そんなわけで、妻にもお願いしてみたことがあります。妻は元々フェラ自体がそんなに好きではなく、しかも朝からくわえさせるとあってかなり渋い顔をしていましたが…私のことを愛してくれているのか、本当にやってくれたのです。

朝起こしに来た妻が私のズボンを脱がし、自分からくわえる様子というのは最高でしたが…気持ちよさについてはそれなりでして、最終的には手でしごいてもらってから射精しました。朝立ちは敏感なのでフェラでもいけるかと思いましたが、妻ではテクニックが足りなかったようで…。

とはいえそれで文句を言うのは酷い話ですし、妻にはちゃんとお礼を言いました。ただ、それからはフェラもそんなにしてもらうことはなくなり、結婚生活が続くとセックス自体が減ってきたのです。私は性欲もまだまだ旺盛ですが、妻相手にはどうも盛り上がらなくなりまして…。

そうなった男がやるべきことは、『不倫パートナー探し』だと思いませんか?いくら妻としなくなったとはいえ、不倫相手を探すのは…と思われそうですが、セックスをしなくなると男はいろんな面で衰えやすくなるので、私は男らしさを維持するためにも相手を探したのです。

「男らしさってそんなに大事なの?」と思われそうですが、男らしさを失うとセックスどころか仕事などの意欲まで落ち込みますから、定期的なセックスは私生活にも良い影響があるのです。そして妻がそれをさせてくれないなら、不倫パートナーを作るしかないと思いませんか?

幸いなことに不倫パートナー探しは順調に終わりまして、妻以外の女性とセックスしたのですが…この人がとんでもないテクニシャンでして、とくにフェラについては「妻のフェラってお遊びだったな…」と思うほどの気持ちよさでした。

一緒にホテルに行くと自分から「舐めていい?」と言ってきて、ズボンを脱がしペニスをくわえてくれます。妻にしてもらったときを思い出す…なんて思っていたら、それを遥かに上回る気持ちよさに襲われまして、口に出してしまいました…。

さすがに不倫相手とのお泊まりはまだしていませんが、「この人なら、朝立ちフェラも気持ちいいだろうな…」という期待がありますので、妻がいないときに実現してみたいですね。

不倫パートナーのフェラは妻のがお遊びだと感じるほどの気持ちよさです へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ