仕事でつらくなったときは優しいセフレを呼んで甘えさせてもらっています…

仕事でつらくなったときは優しいセフレを呼んで甘えさせてもらっています…

人間は1人では生きられないと言われるように、ときには誰かに甘えたくなります。そしてその気持ちは異性に対して抱くことが多く、同性に対して甘えたいと思う人は少数派です。最近は性別の境目をなくそうとする運動が盛んですが、やはり人間は異性を特別に感じるのですね。

もちろん、私も女性に甘えたくなることがあります。私は高校生のときからすでに1人暮らしをしており、1人で生きるということにはかなり慣れているつもりです。しかしながら誰かに甘えたくなることはありますし、むしろ社会人になってからはそれが顕著になりました。

社会人になれば生きるために仕事が欠かせませんが、仕事の多くはストレスを与えるため、ときには「つらい…」と愚痴りたくもなります。しかし職場でそういう気持ちを吐露することは難しく、我慢しないといけない局面も多いでしょう。

こういうときに彼女がいたらいいのですが、私にはそういう相手がいないため、今はどうしてもつらいときだけセフレを呼んで甘えさせてもらっています。セックスもするわけですが、それは甘えの延長線上にある感じですね。

男女が甘え合う場合、やっぱり性欲も刺激されます。そう考えるとセフレというのは『気軽に甘えられる都合のいい相手』だと言えますので、誰かに甘えたいと願うならば探してみる価値はあるでしょう。

私は甘えたい一心でセフレを探していたから、優しい女性を選びました。やっぱり優しい性格ならば甘えても突っぱねることはないし、場合によっては喜んでくれます。こういうタイプは母性本能が強いとも言えまして、甘えたい男性にとってはこの上なく魅力的でしょう。

そんなわけでしっかりと相手を見定めつつ会ってみた結果、すごく甘えることができました。会う前から「優しそうな人だなぁ」とは思っていたものの、実際に会ってみると包容力があるというか、素直に甘えたい気持ちを吐露したら「いいですよー」とすんなり受け入れてくれます。

もちろん優しいだけでなく大変エッチであり、私が胸に顔を埋めて甘えていたら「こっちも元気になりましたね」と言いながら股間を触ってきて、そのままセックスの準備まで済ませてくれたのです。

こうして私は定期的に甘えられる相手を見つけまして、仕事のつらさも忘れられるようになっています。甘えさせてくれるお礼としてときどきプレゼントをしたり食事を奢ったりしていますが、あんなに楽しい時間を過ごせるなら安いものですね。

やっぱり、男にはこういう相手が欠かせません。

仕事でつらくなったときは優しいセフレを呼んで甘えさせてもらっています… へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ