彼女が欲しいと公言するメリット

彼女が欲しいと公言するメリット

日頃から「彼女が欲しい」と口癖のように言っている男性がいますよね。
では「彼女が欲しい」と公言するメリットはあるのでしょうか?

まず公言する事で周囲の人は「この人は彼女がいなくて彼女を募集中なんだ」と認識してくれます。
そのため男性であれば女友達を紹介してくれたり、合コンに誘ってくれるかもしれません。
その男性の事をちょっといいなと気になっている女性であれば「彼女が欲しい」という言葉に背中を押されアプローチしてみようと思ってくれるかもしれません。

 

つまり公言した方が出会いのチャンスが増えると言えるでしょう。
ただし男友達が紹介したいと思えるような男性である必要があります。

 

彼女が欲しいと公言したところで…

女性にだらしなく、平気で浮気をするタイプの男友達を自分が仲良くしている女友達に紹介しようという人はいません。
そんな事をしたら紹介した女友達が泣かされて不幸になる事は目に見えているためです。
なので「こいつなら自分の女友達を任せても大丈夫だ」と太鼓判を押されるような男性でなければ、公言したところで紹介されないので注意して下さい。

 

また女性に対して公言する場合も、あまり言い過ぎるのは逆効果になるので注意して下さい。
本来であれば好きな相手が出来たから付き合い恋人になるという流れでなくてはいけません。
それが恋人が欲しいから好きでない相手とでも付き合うというイメージを持たれてしまいます。
そしてそれって結局やり目的と思われてしまい、あまりガツガツしているようだと女性から引かれてしまいます。

 

またずっと公言しているのにずっと彼女が出来ていない場合は、自分がモテないという事をアピールしている事になってしまいます。

 

彼女はいらないと言ってしまうと…

男性の中には「彼女はいらない」と嘘をつく人もいます。
それは彼女が出来ないのではなく作らないんだという事にして自分の自尊心を守っているのかもしれません。
ですがそう言う事で、まずます出会いのチャンスが遠ざかっている状態です。

 

そのため嘘をつくよりは素直に公言した方がいいですし、公言したくないなら嘘をつくのではなく黙っておくべきです。
ちなみにただ「彼女が欲しい」と公言するだけではなく、彼女が出来るためには最低ラインをクリアしておく必要があります。
女性が彼氏に求める最低ラインは、外見より中身です。
学生時代は中身より外見がいい方がモテますが、社会人になると女性は中身重視で選ぶようになります。

 

そのため基本的なマナーは必ず身に着けておきましょう。
そして経済力と将来性も見られています。
仕事の愚痴ばかり言っている男性は、この人は出世せずに給与も上がらないんだろうなと判断されてしまうので将来性のない男性とは付き合いたいとは女性は思いません。

彼女が欲しいと公言するメリット へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ