知人に見られると恥ずかしいからセフレと会うときはやや離れた場所で合流しています

知人に見られると恥ずかしいからセフレと会うときはやや離れた場所で合流しています

セフレ関係というのは、とくに法的な問題があるわけではありません。言ってしまえば『結婚している人以外は誰とセックスをしようが自由』であり、恋人という関係にはとくに法的な効力がないでしょう。最近は事実婚などもあるのですが、よほど深い関係出ない限りは咎められることもありません。

ただし、人間という生き物は『イメージ』を大切にします。たとえば多くの企業はいかに魅力的に見せるかを大切にしており、巨額の宣伝費を投入したり、ボランティア活動をしたりするでしょう。企業のイメージが良くなれば、売上に良い影響があるからですね。

これは個人であっても同じで、いくら未婚だからといって不特定多数の異性と肉体関係を持っていると、他人からは厳しい目で見られます。親しい男同士なら笑い話にできるかもしれませんが、女性からすれば最悪でしょう。

だからこそ、セフレがいるというのは大っぴらにしません。大半の人はそういう相手がいても隠し続け、こっそりとセックスを楽しみます。「悪いことをしているわけじゃないし…」とオープンにする人もいますが、真似をする必要はありません。

私も仕事上そこそこイメージが大切なので、セフレと会うときはやや離れた場所で合流していました。仕事と言っても大層なことではなく、単なる営業なのですが…結構狭い範囲で巡回しているため、悪い噂なども広まりやすいのです。

それに知人もたくさんいるので、少し気を緩めるとどれだけ広がるか分かりません。私も男なのでセックスしないとやってられないのですが、普段はとにかくそういう面はひた隠しにしていて、休日になったらこっそりと落ち合っています。

幸いなことに、私のお相手はちょっとだけ離れた場所に住んでいるため、『お互いの住んでいる場所の中間地点』くらいで会うようにしています。生活圏内を離れるだけでも随分と気楽になりますから、こういう相手は都合がいいですね。

待ち合わせ場所で合流したときもダラダラ歩いたりすることはなく、すぐにホテルへと行きます。相手が恋人ならもうちょっとムードを高めないとダメでしょうが、そういう面倒がないのもセフレという関係ならではでしょう。

セックスが終わったらできるだけ別々に出て行き、何事もなかったかのように帰宅しています。おかげで周囲にはセフレの存在がバレておらず、安心して性欲解消ができていました。

知人に見られると恥ずかしい場合、こうした工夫が必要です。少しだけ面倒に見えるかもしれませんが、慣れればどうってことはありません。

知人に見られると恥ずかしいからセフレと会うときはやや離れた場所で合流しています へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ