選り好みしない方がいいぞセフレ掲示板は

選り好みしない方がいいぞセフレ掲示板は

出会い系掲示板の攻略法とか、セックスフレンドを作る方法とか、そういうものが世の中、特にネットの中には溢れているけど、僕は結局、たったひとつのことを守っていれば、セックスフレンドを作るハードルは下げられるんじゃないかと思っています。

 

そのたったひとつのこととは、『選り好みをしない』ということです。

 

男って本当に馬鹿な生き物で、最初は誰しもが思ってるんです、「セックスさせてくれるなら誰でも構わない」と。でも、実際にセフレ掲示板を使ってみると、案外いろんな女の子が登場して、選べる立場になっちゃうんですよね。
掲示板の中にセックスフレンドを求めている女の子がたくさんいたり、自分が書き込んだらそれに何通もの返信が届いたり。そうすると、その中から「自分で選んでいいのか」という感覚になってしまうわけですよ。

 

その途端に、「誰でもいい」という感覚が頭から抜け落ちてしまう。それと同時に頭に入り込んでくるのが、「できるだけ可愛い子とエッチしたい」とか「おっぱいの大きい子がいいな~」なんていう欲の意識。
こうなるともうダメ。最上級のセックスフレンドを作ろうとか考えてしまうから、結局女の子から拒否られて何もできずに終わってしまうわけです。

 

これほど情けなく、無駄なセフレ掲示板の使い方はないですよね。

 

選り好みをしないこと

いいですか、選り好みをしないこと、これを強く意識しましょう。
最初は誰でもいいんです。多少ブサイクでも、多少太っていても、多少貧乳でも、多少年を取っていても、とにかく会ってセックスをしてしまうこと。やってみれば意外と満足できるものだし、セックスフレンドとしてその女性を抱えておくこともできるようになります。
その上で、「今度はもうちょっとイイ女とヤりたいな~」などと思い、改めてセフレ掲示板を使って新しい女性を探す旅に出ればいいのです。
それで見つからなければ、最初に抱えておいたセックスフレンドとエッチをして間をつなげばいいだけ。こういうやり方のほうがいいに決まってるじゃないですか。

 

選り好みする人は本当にわかってないなって思います。セックスフレンドを作る時には、よほどのイイ男でなければ、通常男というのは選んでもらう立場であると思わなければいけません。こっちに選んでいる余裕なんて本来はないんです。
間違っても、「写真送って」なんて言っちゃダメ。その時点で選り好みする気満々で、女性にとってみればちょっと不快感すら感じてしまいます。

 

選んでもらいましょう、セフレ掲示板においては。選ぶのはイイ男の特権だと認識し、選り好みせずにいれば、セックスフレンドなんてちょちょいのちょいで作ることができるんですから。

選り好みしない方がいいぞセフレ掲示板は へのコメント

コメントを投稿




他の記事へ